ノーやん日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 雨の花祭り

<<   作成日時 : 2017/04/08 19:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
画像
 雨。きょうは灌仏会。お釈迦さんの誕生日。妻と娘は京都の醍醐寺へお花見に。わが輩は織田正吉さんの「笑いとユーモア」の続きを読む。笑いは人間だけの現象か。愚老も疑問を抱いたことがある。ひとに限らぬと言う説も聞いた。しかし、笑いとはなにか。と考えると動物がただ嬉しそうな表情をしたことを笑いというのか。疑問がわく。お釈迦様でもご存じあるまい。エッサホ〜ゲンヤダナ。

 きょうは「人を楽しませる笑い」のつづき。だから人の笑いに限定となるが、それほんまか。ひと以外の動物は笑わないのか。ひねくれもんのわが輩は、逆説を問う。蹴ったり、転んだり水をぶっかけたり「行為で笑わせる」のをギャグというらしい。他の動物もやっていることではないか。大阪のいわゆるどつき漫才やドタバタ喜劇の類も該当する。

 一方、ジョークという笑いも、人を楽しませる笑いの範疇という。こちらは、アクションではなく言葉の笑い。それなら分かる。俳句、俳諧もその範疇に入るから。きょうも人を救う笑いーユーモアの勉強に至らず。あす、そこまで読み進めるか自信はないががんばろう。
          仏陀にも分からぬこと花祭り 昇龍子
          

 

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「仏陀にも分からぬこと花祭り」

哲学的になりますね。高等な霊長類なぞ笑いませんか。社会性もあるし。
fm
2017/04/08 19:43
仏陀に分からぬこと、人には当然分かりません。そんなアイロニーの句が分かる人を同志とよびます。
ノーやん
2017/04/08 19:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
雨の花祭り ノーやん日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる