ノーやん日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 植物の不思議発見

<<   作成日時 : 2017/05/16 19:12   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
画像
 晴れのち曇り。朝、坪内稔典さんの「正岡子規 言葉と生きる」を読む。午後から生態観察同好会へ。昨秋3〜4号ポットに播種した樹木のタネの発芽状況を観察するためポットの解体作業をした。

 141ポット中およそ半分の69ポットで出根・発芽を確認した。双葉が土から5センチも高い位置にあるケヤキ。双葉はそんなに伸びるものなんか。ヒメユズリハは双葉が3枚もあるものがあった。バラは播種からわずか5か月ほどで花をつけるものがあった。ギネスもんやないか。チャノキは地面で緑色の双葉が育っていた。タカサゴユリは収縮根というミミズのような不思議な根をもっていた。ユズは一つのタネから複数の苗が育った。ぼくが播種したハナズオウは、葉枕という葉がお辞儀をするくせをもっていた。ツバキのタネは無胚乳で種が地面で双葉になることを知った。

 こんな不思議。理科教育にはもってこいの教材ではないか。小学生くらいから教えたら日本人はもっとレベルアップするのではないか。ふと思った。
          薔薇一輪早や咲き祝う観察会 昇龍子

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「薔薇一輪早や咲き祝う観察会」

早咲が来年に影響しないですか。いずれにしても綺麗な白薔薇です。
fm
2017/05/16 21:42
3号ポットで育苗すると秋に播種して春には花をつけるというのは草本では普通ですが木本類も同じなのか驚きでした。
ノーやん
2017/05/16 22:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
植物の不思議発見 ノーやん日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる