アクセスカウンタ

ノーやん日記

プロフィール

ブログ名
ノーやん日記
ブログ紹介
俳句を趣味としつつ園芸のボランティア活動にはまっている爺さんです。光ファイバーへ切り替えた機会に2007年10月からブログをはじめました。西洋芝の種まきの話からカラスとのたたかい、ボランティアの雑談、世評、人はなぜ笑うのか、2009年10月26日の突然の三叉神経ヘルペスと後遺症とのたたかい、俳句の修行記、読書感想など、取りとめなく気の向くままに書いています。

(←千里南公園の一茶句碑ー痩蛙まけるな一茶是に有善光寺にある一茶真筆の短冊から採った碑だと南千里の拓本家から聞きました)

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
シニア料金の映画館
シニア料金の映画館  曇りのち雨。きょうも涼しい。北朝鮮とアメリカの脅しあいの行方を追う。国連総会の舞台で北朝鮮を「完全に破壊する」というトランプ演説に対しドイツやフランスなどが批判したという。いささか救われた気分になる。しかし、日本のTVは、軍事衝突を煽るような米日政権の立場を無批判に垂れ流している。草の根から反批判の声を起さねば危ういぞ。元禄期の軽口本集を斜め読み。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/09/22 18:04
ビンカと銀杏
ビンカと銀杏  晴れ。朝のうち涼しいが日中暑さが戻る。冷房するほどではないが「きょうはちょっと暑いですね」。桃山台の団地で夏の花ビンカが元気に咲いていた(写真上)。坂を下って南千里へ行くと銀杏の実が色づき(写真下)ところどころ地面に踏まれた跡がある。秋やなあ。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/09/21 18:10
彼岸の入り
彼岸の入り  曇り。の通り涼しくなった。きょうは彼岸の入り。23日の秋分の日には昼夜が等分する。春秋の2季に巡ってくるお彼岸。いつごろからなぜお彼岸というのか。そもそもを「大言海」などで調べる。「彼岸」ということばは仏教語という。「生死ノ境界ヲ此岸トシ、涅槃ヲ彼岸トシ…」云々。仏事として「彼岸会」がある。しかし、…。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/09/20 16:47
きょうは糸瓜忌
きょうは糸瓜忌  晴れ。時々曇り。きょうは糸瓜忌。現代俳句の祖・正岡子規の忌日。明治35年(1902)35歳の若さで亡くなった。没後115年。朝から季語集で「糸瓜忌」を繰る。気に入るのがみあたらない。病臥中庭先の鶏頭を見て詠んだという「鶏頭の十四五本もありぬべし」の句を思い出す。子規の心持は推測するしかないが「十四五本」をめぐって議論を呼んだ句。不思議な印象が残る。YOU TUBEでホトギスを聴く。テッペンカケタカ。トッキョキョカキョク…。千里では聞かんな。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/09/19 16:17
白髪の祝い
白髪の祝い  晴れたり曇ったり。台風18号の影響、千里は無事だった。夜中、風と雨の音が強かったが未明には止んだ。明け方、外へ出て蟋蟀の声を聴く。きょうは敬老の日。妻は九州方面に出かけているので愚老ひとり。朝、モノレール千里中央駅前花壇(写真下)の当番日。出かける。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/09/18 16:02
台風18号のあとは解散風
台風18号のあとは解散風  千里は曇りのち午後から風が強まる。日中雨降らず。台風18号は昼前、鹿児島の南九州市付近に上陸した。妻は朝、6時20分ごろ自宅を出て九州に向かった。新幹線は予定通り運行した。ところが行き先の九州では在来線が運休という。そのため現地情報を聞いて新幹線の降駅を変更。在来線の遅延列車に乗り継いでなんとか目的地に着いたという。やれやれ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/09/17 15:31
台風18号接近と源氏物語
台風18号接近と源氏物語  朝から雨。台風情報に目が離せない。あすは甥っ子の結婚式で妻が九州へ行く。切符はすでに購入済み。状況によっては新幹線の運休もある。きょうは外出を控え台風18号を睨みつつ高橋和夫さんの「日本文学と気象」をつまみ読みする。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/09/16 14:47
かまつかも怒る
かまつかも怒る  晴れのち薄曇り。朝から鬱陶しいニュース。北朝鮮がまた北海道方面にミサイルを発射したという。国連の追加制裁決議への反発という。なんちゅうこっちゃ。それ、だれに何の利益があるちゅうねん。頭を冷やさんかい。九州には台風18号が接近中という。刻々気になる。いらいらしながらスーパーへ牛乳と天ぷらを買いに行く。昼、ざる蕎麦。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/09/15 19:42
巨峰とピオーネ
巨峰とピオーネ  薄日の晴れ。台風18号が九州に向いているという。気が気でない。日曜日には甥っ子の結婚式が福岡である。ぶつからなければいいが。市の花とみどりの相談所に小さな果樹園がある。無花果、林檎、柿、柑橘類、葡萄など。庭木・果樹同好会のメンバーが年間を通して栽培の実習作業をしている。台風のシーズンには支柱など台風対策もする。収穫期には園児らを招いて体験学習する。汗水流してものをつくる。いいね。果樹園には巨峰とピオーネが袋かけされていた(写真上・下) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/09/14 17:26
陶淵明と初雪草
陶淵明と初雪草  晴れ。猛暑は和らいだが動くと汗ばむ。けさも陶淵明をつまみ読み。「終活」の大先輩か陶淵明は。自分の納棺から葬送、埋葬までの自祭文をつくりはった。意表をつく挽歌詩。そのまねごとみたいな生前葬をやった人が昔おったなあ。「恨むらくは世に在りし時、酒を飲むこと足るを得ざりしを」。陶淵明のひょうひょうとしたユーモアに思わずくすっとする。死ねば達人も賢者もないで。ただ山の土になるだけや。いっとき悲しむ人もすぐに鼻歌を歌うで。か。なるほどね。ここまで人生達観するか。自分で葬式できたら言うことなしや…。てなこと... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/09/13 16:51
ガガイモの花とクズの花
ガガイモの花とクズの花  雨のち曇り。夜明け前から断続的に強い雨。早起きして陶淵明を乱読。「飲酒」20首をはじめ人生を達観した老人の詩ばかり。「雑詩」其の一には「一日再び晨なり難し/時に及んで勉励すべし/歳月人を待たず」とある。盛年向けのことばだが老人にも向く。老いてなお勉強すべしか。昼はざる蕎麦。芋と豆をつまみながらそそくさと。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/09/12 17:58
ハナノトラノオ
ハナノトラノオ  曇り。涼しい。芥川賞受賞作沼田真佑さんの「影裏」を読み切ろうと南千里の図書館へ。残念。あと1章だったのに。貸し出し中だった。一定期間を過ぎると雑誌も貸し出すそうや。しょうことなし帰る。細かい雨がパラパラする。桃山台の団地でハナノトラノオを撮る(写真上)。イチョウも葉が少し黄ばんで見える(下)。ハナノトラノオは北アメリカ原産のシソ科。近畿以東の山地の草地などに生えるトラノオはゴマノハグサ科。モノレール千里中央駅前花壇に植えている多年草。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/09/11 17:52
堺と一茶
堺と一茶  晴れ。きょうも朝は涼しく日中まあまあ。「ちょっとましになりましたな」Iさんと朝のごあいさつ。町内の子ども園のフェンスにトケイソウ(パッションフラワー)が一輪咲き残っていた(写真上)。蔓性の時計盤のような花。実がいっぱい生っている。日曜日なので子どもはいない。いま何時かな。朝、米と牛乳、パスタを買いに出る。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/09/10 19:43
重陽の祝い酒
重陽の祝い酒  晴れ。けさも涼しい。きょう九月九日は旧暦で重陽の日。中国では九の数は陽の極で縁起よく9月9日は九重ねの吉日、めでたく菊酒を飲む習俗が漢代にあったという。それが7世紀後半日本に伝わった。5節供のひとつ。いまでは廃れているが昔は菊の節供ともいわれた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/09/09 16:25
嫌われもんのクズと秋の野の七草
嫌われもんのクズと秋の野の七草  晴れ。けさも涼しい。朝食の最中、数日前からギクッとする前歯がまたギクッとなる。痛っ。べつに固いもんを食べたわけでないのに。掛かり付けの歯科へ予約せずでかける。途中、若竹に絡まるクズ(写真上)とヌスビトハギの花と柿(同下)を空のガラケイで撮る。なんにでも絡まるクズは嫌われもんや。ヌスビトハギも見るだけなら可愛いいが足を踏みれると種が絡むので嫌われる。待合室で「秋の七草」を読む。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/09/08 17:51
白露2017
白露2017  一日雨降ったりやんだり。お蔭で涼しい白露。「降りまんな。けど涼しなってよろし」。マンション住民にっこりごあいさつ。午前中、用事で千里北町の坂を登る。郵便局に寄ったころから降りだす。帰りは止む。傘なしで坂道を下るのは気分がいい。「秋の七草」のつづき「葛」の話を読む。歌の世界だけでない話。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/09/07 17:31
「高速」時代と盗人萩
「高速」時代と盗人萩  小雨のち曇り。けさも涼しい。起きてトーストを齧りながら新聞と「秋の七草」を読む。萩と薄。どちらも種類が多い。わがまちを徘徊するがなかなか見つからない。思い立って南千里の「高速」理容店へ。電気バリカンと鋏で薄い毛髪をしゃきしゃきっ。髭もない顔剃りはささっ。散髪10分ほどで終わる。道すがら「千里のさんぽみち」でヌスビトハギの群生をみる。昼はパスタ。カルボナーラ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/09/06 16:26
秋の七草
秋の七草  晴れのち曇り。涼しい朝。有岡利幸さんの「秋の七草」を読む。「秋の七草」といえば、山上憶良の萩・尾花(ススキ)・葛・撫子・女郎花・藤袴・朝貌(キキョウ)と思っていたが、あたらしい「秋の七草」もあるようだ。有岡さんは、憶良の歌を含め「秋の七草」を徹底的に調べる。憶良のいう秋の七草は人間生活の変化とともにしだいに里山に見られなくなった。憶良説ばかりでなく江戸時代には菊塢(きくう)という園芸家が新「秋野七草考」(1812年)を唱えたという。1935年(昭和10年)には与謝野晶子らがよびかけて「新・秋の... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/09/05 17:59
ヒバクシャの声受け止めよ
ヒバクシャの声受け止めよ  曇りのち晴れ。きのう北朝鮮が行った水爆実験のニュース。M紙は「一触即発の状況に近づく可能性がある。北東アジア全体に深刻な被害をもたらす軍事衝突は絶対に避けなければならない」と関係5か国協議をよびかけた。日本には、外交的解決の先導役の覚悟を求めた。正論だ。米トランプ大統領は、北朝鮮とビジネスする国との貿易停止の検討を口にし、マティス国防長官は「大規模軍事措置で対応する」(ロイター)とコメントしたという。軍事対応のエスカレートやないか。ひじょうに危険な流れに腹をたてているところへ、ヒロシマのヒバク... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/09/04 16:30
北朝鮮の核実験に抗議する
北朝鮮の核実験に抗議する  晴れ。きょうも猛暑和らぐ。風あり。午前中、地域の寄合に顔を出す。いろいろ野菜の摂取のことなど教えられる。しかし、ブロッコリーもキャベツも高いしなあ。市内に用事があって昼は外食。塩分控えめにと言われているのに餃子屋でラーメンを注文した。もったいないが汁は残す。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/09/03 16:51

続きを見る

トップへ

月別リンク

ノーやん日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる