アクセスカウンタ

ノーやん日記

プロフィール

ブログ名
ノーやん日記
ブログ紹介
俳句を趣味としつつ園芸のボランティア活動にはまっている爺さんです。光ファイバーへ切り替えた機会に2007年10月からブログをはじめました。西洋芝の種まきの話からカラスとのたたかい、ボランティアの雑談、世評、人はなぜ笑うのか、2009年10月26日の突然の三叉神経ヘルペスと後遺症とのたたかい、俳句の修行記、読書感想など、取りとめなく気の向くままに書いています。

(←千里南公園の一茶句碑ー痩蛙まけるな一茶是に有善光寺にある一茶真筆の短冊から採った碑だと南千里の拓本家から聞きました)

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
望郷の思い
望郷の思い  明け方小雨。朝止む。「きょうは爽やかですねえ」同じ棟のNさんのごあいさつ。ジャンパーは脱いで長袖シャツの上にチョッキを着て出かける。FB友達が蕪村の句が好きだと投稿していたのが目に留まる。大阪の俳人としてPRしている。大阪生まれはほぼ間違いないが出自や句作の記録がないので大阪の俳人というのは面はゆい気がする。昨年2016年が生誕300年だった。大阪のメディアの扱いはどうやった?ただ、蕪村は伏見の門人に送った「春風馬堤曲」の添状に「馬堤は毛馬塘也。則余が故園也」と毛馬の生まれであることを告白して... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/27 18:02
鰹はタタキ
鰹はタタキ  朝から降りだす。雨。千里局花壇の当番日。メンバーに水やり等の集団作業は取りやめを連絡。代表して点検見回りに出かける(写真下=千里局花壇の小麦の穂)。さざんか等常緑樹の落葉が目だったので掃除する。昼は、ペペロンチーノパスタ。玉ねぎのみじん切りを少々。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/26 15:54
目には青葉口には海鼠
目には青葉口には海鼠  晴れのち曇が広がる。「いいお天気ですね」「ちょっと冷えますね」。同じ棟の奥さんと朝のごあいさつ。お昼前、歯科へ定期健診。「お変わりありませんか」「左下の歯がものを噛むと違和感を覚えます」。コンコンと叩くがその程度ではなんともない。「歯茎はしっかりしているし外見からは異常は見当たりません」。歯科医のご意見なので経過を見ましょうか、ということにした。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/25 18:45
藤と熊蜂
藤と熊蜂  晴れ。俳人長谷川櫂さんの「四季のうたー詩歌のくに」第六集を読む。2010年4月から11年3月までと2011年4月から12年3月まで新聞に連載した詩歌コラム「四季」を編集した本。先日亡くなった詩人大岡信さんは別の新聞で詩歌コラム「折々のうた」を書いて出版している。どちらもエリートの「四季の日本の短詩」解説本。われら凡人の詩心を養ってくれそうで興味深い。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/24 17:40
近づく春の音楽祭
近づく春の音楽祭  晴れ。朝のうちやや寒。「いいお天気ですね」「朝はちょっと冷えたね」。朝「小鳥はなぜ歌うのか」を寝転がって読む。小鳥にも鳴き方に方言があるという。親が子に囀りを伝授する鳥もあるという。人の声を真似できる鳥もいる。不思議やなあ。昼は納豆ぶっかけうどん。納豆、ネギ、生卵、をうどんにぶっかけモミのりを振り掛けかけて混ぜるだけのシンプル昼食。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/23 19:43
階の山吹を愛ず
階の山吹を愛ず  晴れ。高橋英夫さんの「西行」を読み終わる。最終章で高橋さんは「芭蕉から見た西行」を説く。芭蕉が「笈の小文」で書いた「西行の和歌における」「風雅」とは。折々の自然を友とした西行の心眼を芭蕉はどうとらえたのか。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/22 19:18
老鶯の歌聞きたくて
老鶯の歌聞きたくて  曇り。降りそうで降らず。お昼前、天神の杜音楽祭に喫茶コーナーを出してもいいという人が現れ、願ってもないことなので愚老が実行委員会スタッフの了解を得て打ち合わせした。当初はお茶席を設ける予定だったがリーダーの健康上の事情で急きょ取りやめにしていた。その後、喫茶店経営の経験者がコーヒーならということで出演していただけることになった。人の輪が一回一回膨らんでいくのが楽しみや。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/21 16:20
「西行」を読む
「西行」を読む  晴れのち曇り。「いいお天気ですね」「ちょっと暑いですね」。同じ棟のYさんと朝のごあいさつ。きょうも高橋英夫さんの「西行」を読む。「第六章晩年と無」。「たはぶれ歌」と「地獄絵を見て」。「たはぶれ歌」は子どもの遊びを歌ったもの。「地獄絵を見て」は仏教の世界で描かれる地獄の世界の歌。西行が追い求めた心の世界に誘われる。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/20 16:40
リラの花
リラの花  晴れ。高橋英夫氏の「西行」を読む。平安末期の歌僧。新古今和歌集に最多の入集。保延元年(1135)、18歳で兵衛尉に任ぜられ鳥羽院北面の武士となったが、23歳で妻子も官位も捨てて出家。真言宗高野山の僧となったのち中国・四国・九州・伊勢・関東・奥羽を行脚し河内の弘川寺で入寂した。73歳。願はくば花の下にて春死なむその如月の望月のころ。うたの通りの人生だった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/19 15:38
生態観察同好会の4月例会
生態観察同好会の4月例会  晴れ。千里の桜並木はどこも葉桜。蕊のピンクと若葉の薄みどりがハーモニーして痛むわが右目を慰めてくれる。南千里のスーパーで一つ51円の寄せ揚げを買ってざる蕎麦の具材にする。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/18 19:14
駅前花壇
駅前花壇  曇りのち雨。けさは、大阪モノレール千里中央駅前花壇のボランティア活動。いつものメンバーが花がらつみや枯葉取り、清掃をした。春にはチューリップ、夏には百合、秋には桔梗、冬には水仙、正月には葉牡丹などが行き交う人の目を楽しませてくれる。グランドカバーになる匍匐植物や樹木類も植栽している。「ここはいつもきれいですね」。通行人が声をかけてくれる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/17 15:17
踊る木の芽
踊る木の芽  晴れ。「いいお天気ですね」。管理組合O理事長のごあいさつ。桜の残花の合間に若葉が芽を出している(写真下)。ぽかぽか陽気に踊りだすかのように。昼はパスタ。肉団子と刻みオクラにトマトたっぷりのナポリタンをかけて。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/16 15:48
元同僚のお別れ会
元同僚のお別れ会  曇り一時雨。きょうは、昨年10月14日、急性心不全で急逝した元大阪民主新報社編集長・西田和憲君を偲ぶつどいの日。文化・芸術・法曹・学術・ジャーナリスト・労働など各界の名士が西田君の業績を称えた。酒を愛し歌を愛し人を愛した友だった。いい人はなぜか先立ってゆくのが世の習いらしい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/15 19:18
熊本地震1年
熊本地震1年  晴れ。きょうは震度7の激震が2度も襲った熊本地震からまる一年。地震関連の県の犠牲者は225人という。県主催の追悼式典が行われ首相も参列した。合掌。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/14 17:19
あっというまの葉桜
あっというまの葉桜  晴れ。朝、外出中にA通販からファックス付電話機が自宅に届く。即セッティング。昼は山芋をおろしてざる蕎麦。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/13 17:59
笑いの哲学も進化する
笑いの哲学も進化する  曇りのち晴れ。けさは豊中北消防署新千里出張所のはす向かいにある千里局花壇の当番日。曜日当番の3人がきのうの強風で散った山茶花の落ち葉を掃き雑草を引く。ゴミ袋が満杯になる。小一時間で作業終了。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/12 17:44
強風に桜舞う
強風に桜舞う  小雨。風強し。おととい、電話機の呼び出し音が鳴りっ放しになる不具合発生。メーカーに問い合わせると「お宅の機種は11年前発売ですから…」と言われた。当たり前と言わんばかり。修理を頼めば新品購入より高くつくという。昔、ドイツにはマイスター制度というのがあって修理業が盛んだと聞いた覚えがある。技術の日本はものの使い捨て社会になったのか。恐らくどこか一か所直せばいいのだろう。が、「取説」にもメーカーの「よくある質問」にもない。諦めて買うことにした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/11 17:21
桜散り初め鴨羽繕い
桜散り初め鴨羽繕い  曇り。少し冷える。「咲きましたねえ」。同じ棟のIさんご夫婦に声かけられる。「そうですね」。にっこり返す。Iさんは、ぼくが花くらぶの代表をしていた頃「月下美人が咲きました」と知らせてくれお宅。お邪魔したことがある。いうなればフラワーフレンド。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/10 17:48
桜満開散り始める
桜満開散り始める  雨のち曇り。午後遅く日が差す。桜は千里一帯いずこも満開。花びらがちらちら散始めた。きょうからは桜吹雪をたのしむシーズンになる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/09 16:36
雨の花祭り
雨の花祭り  雨。きょうは灌仏会。お釈迦さんの誕生日。妻と娘は京都の醍醐寺へお花見に。わが輩は織田正吉さんの「笑いとユーモア」の続きを読む。笑いは人間だけの現象か。愚老も疑問を抱いたことがある。ひとに限らぬと言う説も聞いた。しかし、笑いとはなにか。と考えると動物がただ嬉しそうな表情をしたことを笑いというのか。疑問がわく。お釈迦様でもご存じあるまい。エッサホ〜ゲンヤダナ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/08 19:16

続きを見る

トップへ

月別リンク

ノーやん日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる