ノーやん日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 桜散り初め鴨羽繕い

<<   作成日時 : 2017/04/10 17:48   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
画像
 曇り。少し冷える。「咲きましたねえ」。同じ棟のIさんご夫婦に声かけられる。「そうですね」。にっこり返す。Iさんは、ぼくが花くらぶの代表をしていた頃「月下美人が咲きました」と知らせてくれお宅。お邪魔したことがある。いうなればフラワーフレンド。

 織田正吉さんの「笑いとユーモア」の第二章「人を楽しませる笑い」は、「人は何を笑うか」に入るや、プラトン、アリストテレス、カント、ベルグソン、ショーペンハウエルの笑いの哲学へと突き進む。無学の愚老は戸惑う。まあそこまで知らいでもええやろ。

 あさ、マンションの桜が散る光景を目にした。低気圧の接近のせいか。風が起き花びらが舞う。千里中央公園へとぶ。花見のグループはわずか1〜2組(写真下)。人気のない園内に桜が満開し散り始めていた。もったいないな。東町公園にも行く。やはり散りはじめている(写真上)。さざ波の立つ長谷池でバンやカモが羽ばたいたり羽繕いをしている。いいなあ。諸君は。
          羽繕いの漣に舞う花三片 昇龍子

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「羽繕いの漣に舞う花三片」

穏やかな心象風景ですね。日本画を見るようです。佳作!
fm
2017/04/10 18:18
ありがとうございます。「花三片」はちょっと理屈になったかな。
ノーやん
2017/04/10 19:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
桜散り初め鴨羽繕い ノーやん日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる